フィールドルフィンズ

パラオにあるドルフィンズパシフィックでは、自閉症や発達障がいの子供たちも参加できるよう、ゆっくりとそれぞれのペースに合わせてプログラムが組まれています。イルカと触れ合い楽しめる、イルカを感じるプログラムです。

そんなフィールドルフィンズの最初の一歩の時の中にいた息子は、昨年成人しました。4歳のときにパラオで感じた言葉ではないコミュニケーションが、今も彼の中にある、そんな気がします。パラオの青い空は、今も故郷のように恋しい場所です。

関連書籍:翔彩がイルカを感じた日

フィールドルフィンズについて詳しくはパラオドルフィンズパシフィック